BLOG ブログ

ものづくり補助金とは?要件から審査項目まで解説

ものづくり補助金とは?

ものづくり補助金は、設備投資やシステム投資に向いた補助金です。支援対象は中小企業で、大企業は対象外です。名称に「ものづくり」と入っていますが、商業サービス業も申請できます。

補助上限は1,000万円で、グローバル展開型という上限3,000万円の類型もあります。
補助率は、中小企業なら 1/2、小規模事業者なら2/3となっています。

ものづくり補助金の申請要件は?

この補助金は生産性の向上がテーマになっており、革新的サービスの開発・試作品の開発・生産プロセスの改善を行う内容であることが求められています。
3年〜5年の事業計画を立てて実行することも必要で、その計画は次の3つが満たせる内容でなければなりません。

①付加価値額 +3%以上/年
②給与支給総額+1.5%以上/年
③事業場内最低賃金≧地域別最低賃金+30円

ものづくり補助金はハードルが高め

補助額が大きいので「いい話を聞いたな、うちも申請してみよう」と前向きに考えるのが普通ですが、調べていくうちに、我が社は申請できるのだろうかと心配になる方も多くいらっしゃいます。公募要領や電子申請のマニュアルなど読まなければならない文章も多く、規定の申請様式にも細かく書き方が指定されており、多様な条件をすべてクリアーするのが難しく感じられるからです。

このハードルを乗り越える最良の方法は、自分ごととして熱心に取り組むことです。とはいえ、経験がないとわからないコツもありますから、採択経験を多く持つ専門家の申請支援サービスも、追加してよいでしょう。無駄な道迷いを防ぎ、時間と手間を節約することが大切です。

当社ならではの取り組み

当社では、補助金の採択のコツは、補助金を理解することにあると考えています。
ものづくり補助金では、事業計画書が採択・不採択を分ける鍵となりますから、公募要領を読み込み、補助金の背景を考え、さらに過去の支援経験を踏まえて、独自の成功法則を積み上げてきています。
経営を体型的に学んだ専門家だからこそできる的確な助言・指導が、事業計画の採択可能性を高めています。
(トップページや「当社について」の補助金支援実績をご参照ください)

ものづくり補助金の審査項目

最後に、ものづくり補助金の審査項目を載せておきます。試験の採点項目と同じで、これらが書かれていないと審査員は点数がつけられません。できる限り審査項目のすべてに答えがあるように、事業計画を作り込んでください。

①技術面
■新製品・新技術・新サービスの革新的な開発となっているか
■開発課題や課題解決方法が明確か
■実施体制や技術的能力が備わっているか
など

②事業化面
■人材、財務状況など事業を適切に推進可能か
■市場ニーズ・ユーザー・市場規模は明確か
■成果の価格・性能面での優位性・収益性はあるか
■事業化方法やスケジュールは妥当か
■費用対効果が高いか
など

③政策面
■地域の特性を活かして高い付加価値を創出し、経済的波及効果を及ぼすか
■グローバル市場でもトップの地位を築く潜在性があるか
■環境に配慮した持続可能な事業計画か
など

CONTACT
お問い合わせ

補助金をはじめとする経営のことなら
下記のフォームからいつでもご相談ください